Kindle買って1年

昨年の今頃、職場の時差昼食が始まり

念願のひとりランチが出来るようになって

Kindleを購入しました。

それまでは、「断然、紙の本!」派だったので、

電子書籍には懐疑的でした。

 

でも、使ってみると本当に便利で

週末とか深夜に、うっかり本を切らしても

すぐに欲しい本が手元に届くし、

もうすぐ終わりそうだから、重いけれど

2冊持って行こうかな、という状態でも、

Kindleを1つだけ持って行けばいい。

老眼世代には、文字の大きさを自由に

調整できるということも、大きなメリットです。

 

食事中に読むときも、紙の本だと

何かで押さえたり、手で持たないと

開いておくことはできませんが、

Kindleは本の片ページ分だけのものを

そのままテーブルに置いておけばいいので、

ストレスなく読み続けられます。

アルコール消毒もできます。

 

デメリットは、今までは半分くらいは

図書館で借りていたような本も、全部、

すぐ読めるから、、、なんてDLしてしまい、

自腹で買わなくてはいけないこと。

 大人の音楽教室を、コロナのために

退会したので、そのお月謝分までなら

いいかな、なんて思っていましたが、

本代もけっこうかさみますね。

 

 

f:id:soukonote:20190818075839g:plain